領収書作成ロボPart3

前回は、領収書を作成するロボを作りました。

今回は、作成した領収書を印刷するロボを作りました。

 

作成と印刷を分けた理由は二つあります。

一つ目は、印刷前に一応、人の目で確認したいかもしれない、という理由。

二つ目は、プリンターの接続等の問題でエラーが起きた時に、ロボが停止する可能性がある。

だとしたら、作成と印刷をわけておいたほうがいいかもしれない。

という理由です。

なので、問題がなければ、一つのロボにまとめてもいいと思います。

 

今回のロボの動きは、領収書のExcelファイルを開き、

1、シートを選択する
2、印刷

これを領収書の枚数分繰り返します。

 

以下が、使用した領収書Excelファイルです。

シート選択 → 印刷を3回、繰り返します。

 

さらに、印刷した領収書を別ファイルに保存しました。

領収書が発行済であることがわかるように、別で保管したいと思ったからです。

 

印刷したものは新しいExcelファイルに保存し、

ファイル名は

領収書_発行済yyyy-mm-dd.xlsx

としました。

yyyy-mm-ddは、例えば今日が2021年08月09日なら2021-08-09となります。

 

 

ロボ実行前のフォルダが以下です。

 

 

ロボ実行後のフォルダが以下です。

ファイルが一つ追加されています。

 

 

新しくできたファイルの中身はこちらです。

ファイル名「領収書2021-08-14」(日付は実行日時)で、印刷した領収書が保管されています。

 

 

 

印刷する、という作業も、対象を選択して、印刷するだけの単純作業なので、ロボが印刷しておいてくれたら、嬉しいです。

 

Excelシートを別ファイルに移動したり、

新しいファイルに、日付のファイル名を付けて保存、といったファイル管理も、

領収書以外でも、よく発生する煩雑な作業です。

 

バックオフィスでは、こういった些細な単純作業が多く、このような作業をすべてロボに任せたら、大きな業務効率化になるかな、と思いました。

 

杉山部長いわく、「ファイル管理は、経理部だけじゃなくて、どこの部署でもある。全社的に使えるな!」とのこと。

 

詳しい作成方法はこちらにお問い合わせください

 

こちらがロボ実行時の動画です。↓↓↓