Web請求書ダウンロードロボPart2

前回は、請求書をWebサイトからダウンロードするロボを作りました。

今回は、ダウンロードした請求書を開き、請求金額を別のExcelファイルに転記するロボを作成します。

なぜ、このロボを作ろうと思ったかをご説明しますね。

今までは、

  1. 各社から請求書のお知らせメールが来る
  2. Webサイトにログインし、PDFファイルをダウンロード
  3. ダウンロードしたファイルを開き、請求金額を目視で確認
  4. 請求金額を、別のExcelファイル(資金繰り用銀行帳)に入力

という作業をしていました。

担当者が目視で金額を確認するには、PDFファイルのほうが見やすかったので、今まではPDFファイルをダウンロードしていました。

しかしロボならば見やすさは関係なく、むしろCSVファイルのほうが、ロボを作るときにデータが扱いやすいです。

ロボが、WebサイトからCSVファイルをダウンロードし、CSVファイルを読み、Excelへの転記までしてくれたら、何社もある各々の作業の手間が省けます!

ちなみに私の担当する経理だけでも ↓↓↓

  • クレジットカード
  • 電気料金
  • ヤマト運輸
  • NTT
  • ETC
  • リコー(プリンターチャージ料金)

などなど。

前回のロボPart1は以下の流れでした。

サイトにアクセスし

  1. Webサイトにログイン(ユーザーID、PW入力)
  2. 請求書一覧画面に移動
  3. 該当請求書のリンクをクリック
  4. 請求書ダウンロードをクリック
  5. ファイル名を付けて所定のフォルダに保存
  6. ログアウト

前回は、3でPDFファイルを選択していたのを、今回は、CSVファイルを選択し

さらに以下、7,8を追加してみました。

7.ダウンロードした請求書(CSVファイル)を開き、支払期日、金額を取得

8.別のExcel「銀行帳.xlsx」にを開き、金額を転記し保存

こちらが、5でダウンロードした請求書CSVファイルです。

支払期日と、請求金額を取得しておきます。

支払期日は「20210820」、請求金額は「11146」を取得しました。

次に、請求金額をセットする銀行帳を開きます。

ロボ実行前はこちらです。

ダウンロードした請求書で取得した支払期日が「20210820」なので、銀行帳で、2021/8/20を検索します。

検索結果があれば、内容に「リコー」、出金の欄に請求金額「11146」をセットします。

こちらが、ロボの実行結果です。

 

杉山部長いわく、「Excel間の転記の作業は、どの部署でもよくある作業だ。これも全社展開できそうだな!」とのこと。

詳しい作成方法はこちらにお問い合わせください

こちらがロボ実行時の動画です。↓↓↓