クラウド会計ソフトに仕訳登録をするロボの作り方

クラウド会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」に仕訳を登録するロボを作成しました。

なぜ、このロボを作ろうと思ったかですが、売上が、毎月ほぼ同じ得意先からで、取引日や金額が月毎変わるというケースの場合、経理担当者は、勘定科目などをCSVファイルで用意しておき、取引日や金額などをCSVファイルで適宜修正し、会計システムへの仕訳登録はロボが行ったほうが、入力担当者の作業時間が短縮できると思ったからです。

 

テストで用意した仕訳データはこちらのCSVファイルです。

ロボは以下のようなシナリオになっています。

1,ロボで使用する基本情報を読み込み

2,ブラウザを起動

3,やよいの青色申告オンラインにログイン

4,左メニューの仕訳の入力をクリック 

→ 以下の仕訳の入力画面が表示される

 

5,csvファイルから、登録データを1件ずつ読み込み、画面①~⑥に値をセットし、登録ボタンをクリック

今回はcsvファイルに3件データを用意したので、上記を3回繰り返します。

6,ログアウトをクリック

 

それでは、作り方の概要を説明します。

詳細は、一番したの解説動画をご覧ください。

1,Excelファイル「設定情報一覧.xlsx」を開く(ロボで使用する基本情報)

2,設定情報一覧から、ログインURL、ログインID、ファイルパス、ファイル名を取得する。ここで取得した値は以降シナリオ内で使用する

3,ブラウザでやよいの青色申告オンラインのログインURLにアクセスする

4,ログインIDを入力

5,パスワードを入力

6,左メニューの仕訳の入力をクリック

7,CSV読み込みループでCSVファイルにあるデータ件数分、以下の登録作業を繰り返す
 ・取引日入力
 ・借方勘定科目入力
 ・借方補助科目入力
 ・借方金額入力
 ・貸方勘定科目入力
 ・貸方金額入力
 ・登録ボタンをクリック

8,CSVファイル内のすべてのデータの登録が終わったら、ログアウトをクリックする

9,ブラウザを終了する

 

ロボの実行動画と作り方の詳細ははこちら↓↓↓

 

不明点がございましたら、お気軽に、こちらにお問い合わせください